レザリアって何? 洗えるレザーバッグでおなじみの墨田区の革屋(タンナー)が作った革製品の店-ティグレ

5本指ソックス専門店ラサンテ
会員登録お願いします 注文照会 ポイント
ログイン
送料無料
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
ティグレショップ-ホームへ レザリアについて 製品染め 洗えるレザー ティグレショップご利用初めての方へ ティグレショップへのお問合せ
検索
 

レザリアシリーズ別一覧

 製品染め

 ヴィンテージ加工

 洗えるレザー

 イタリアンレザー

 レザーマーケット

 限定商品

タイプ別一覧
 トートバッグ
 ハンドバッグ
 ショルダーバッグ
 財布
 その他
 

正社員、パート募集中!!
一緒にものづくりをして、革の魅力を多くの方にお届けしましょう!!

 
母の日ギフトラッピングサービス
 
洗えるレザーについて
 
知って頂きたいこと
 
洗えるレザー
 
レザリアの最新情報をチェック
 
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

 

 

leather【皮革】)+conceria【製革業】=leatheria


最近Shopなどでレザーアイテムを見ると、

デザインがいいのに良質な素材が少ないと感じました。

多くの方々に良質な革のアイテムを味わってもらいたい

そんな想いでleatheriaは誕生しました。

leatheriaは、タンナー(製革業)ティグレによる、

革つくりで培った製法を元に、染色や仕上げを施し、

他にないレザーアイテムを追求しています。

革は全てヌメ革で統一しています。

ヌメ革とは植物のタンニンでなめし、環境にやさしく、味が出てくる革です。

ハンドメイドで職人によって1点1点アイテムに息を吹き込み、

使い続けることでアイテムは育ち、経年変化します。

革からアイテムの仕上がりまで一貫しており、

Made in Tokyoの革製品です。

名前の由来は

leather(皮革)+conceria(製革業)=leatheria

革と製革業を多くの方々に知っていただく想いで、

造語として生まれました。


タンナー【製革業】だからできること


墨田で革作りをして、60年以上の歴史があり、

ハンドメイドでぬくもりのある革や

味のある革を得意としています。

ピッグスキンを中心にキップ(中牛)や

ゴート、バッファロー、肥虫類までに幅広く扱い、

またコレクションブランドや、

様々なブランドに素材を提供しています。

革から企画するというタンナーならではの

アプローチで、あまり知られていない

レアな素材もご紹介できます。

革を知り尽くした私たちです。


製品染めについて


従来のレザーアイテムは、革の段階で染めるのに対して、

leatheriaではアイテムとして

形をなしてから染め上げます。

タンナーだからできるこの【製品染め】は、独特の風合いや艶、

アンティーク感を引き出せるのが特徴。

アイテムが完成した時点で、すでに何年も使い込んだかのような

風合いを実現させます。

アイテムは染まる素材で出来ていて、

全ての箇所に染料が入り込んで染まっていきます。

ステッチや裏地などまで染まります。

この過程では革は縮み、独特な洗いざらしの風合いがでます。

使い続けることで、艶が出てきたり、色に深みが出てきたりといった

経年変化を楽しめます。

アイテムを構成するリベットやファスナーなどの金属部分は、

ドラム(太鼓)と呼ばれる専用の機械で染めることで、

ダメージ感をあえて引き出し、

つるしでないヴィンテージ感をも生み出します。

また製造工程のさまざまな偶然により決定される、

色の斑(ムラ)やシワ、また金属部分の風合いや色は、

ひとつとして同じものがありません。

つまりleatheriaのプロダクトは、

すべてオンリーワンなアイテムとなります。

 

ページトップへ